両親な話に学


「でなければ、きっと首でも括るしかなかっただろうね。ただ一人の子供を手放すんだから、それだけ追いつめられていたんだって思うよ。」

涼介の母に結婚を申し込む前、求は自分のことを知ってほしいと、赤裸々に色々なことを語收細毛孔っていた。中には胸の痛くなるような話も含まれていた。

自分を養子にしたのと引き換えに、両親がかなりのまとまった金額を手に入れたこと。
小さな工場を再建することはできなかったが、たぶん債権者には返済できたはずだと、求は話をした。
養子と言っても中学、高校の間、本家に一緒に住むだけだと、叔父夫婦は五年生の求を誘った。勉強を頑張れば、大学へも進ませてやる、そん校の先生になりたかった求の心は動いた。
両親はいつも仕事が忙しく、求は家に居ても一人だった。

いつでも帰りたいときに、自由に実家にも帰っていい。養子何て紙切れ一枚だけの話なん卓悅假貨だからね……そんな甘言を養父は笑顔で口にした。
粗暴で手の付けられない息子が求を欲しがったことは、秘密にされていた

「僕は子供で何もわかっちゃいなかった。だからね、それでが助かるのならいいかなって思ったんだ。」

妻になる人は黙って話を聞いた。
裕福な家庭に育ち、何の苦労もしていないように見えた青年は、養子先となった鬼の棲家で地獄のような日々を送っていた。
「……そんな大事な話を、初めて会ったばかりのおれに話してもいいんですか?」

静かに聞いて居た月虹が、話の腰を折った。

月虹に電話をもらった母は、涼介と会う前に二人きりで話をしたいと言い、駅近くで会うこと公開大學 課程になった。涼介にも話せない夫の話を、涼介を託す人に会ってみてから、話すかどうか決めるつもりだった。