読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んとを何度も

白い肌は透けるように白くなり、網目をかけたように青紫の血管が身体中をいたわしく覆う。げっそりと身が削げ落ち、眼窩は窪んで尚更目元を大きく見せていた。誰の目にも死期が近いのは明らかだった。直正は死病といわれる病に罹った一衛の住む隣に部屋をも…

だか酷くだけ

「ああ。眠るときはいいけど、プレミアムセットは余りに悩殺的すぎるだろう?外へも連れて行ってあげたいから、ちゃんとしたものを着よう。似合うと思うよ。」「ご主人さま。ありがとうございます。「あっくん」はうれしいです。」ガガガガ……!ものすごい振…

のビラビ衆見習い

間夫(恋人)の写真を見つめる雪華の頬を、はらはらと零れてゆくものがあった。これまで、間夫の代わりにささめを守る為、隠してきた秘密の重い枷がやっと取れた、安堵の涙だったかもしれない。いつか、出征の時に記念にと、料亭の一室で写真師に撮らせた……雪…

両親な話に学

「でなければ、きっと首でも括るしかなかっただろうね。ただ一人の子供を手放すんだから、それだけ追いつめられていたんだって思うよ。」涼介の母に結婚を申し込む前、求は自分のことを知ってほしいと、赤裸々に色々なことを語收細毛孔っていた。中には胸の…

翔月ような軽

「別に平気だよ。僕は天涯孤独で、失うものなどないからね。別に教職を失っても構いやしないよ。何だったら声を出してもいい。こっちの様子を伺っているあの女子に助けを呼ぶかい?それともマウンドにいる荏田君なら、君が呼べば、あっという間に駆け付ける…

立てと思っ

気付けば、あの事故から三年の月日が過ぎていた。週三日のリハビリは少しずつ効果を上げ、朔良は流れる足を引きずりながら探索四十學習研修ではあったが、杖の助けを借りて何とか自力で歩行していた。彩が傍に居る事で落ち着きを得て、朔良の親も喜んでいた…

しなめには

『琉生……いい子だね。お休み……また、明日ね。』隼人のただならぬ様子に、驚いて部屋から出てきた寺川は、直ぐに救急車を呼んだ。意識を失くしたままストレッチャーに乗せられた蒼白の顔に、さすがに隼人は責任を感じ顔をこわばらせていた。尊にしがみついて…

の頬と同じぎもす

「ペンギンの映画では見たことあるけど、本物は初めて。いつか、カナダでマルセルが見せたいと言ったことが有るけど、その頃はお兄ちゃんが大変な頃で叶わなかったの。」「そうか。今年は頻繁に出現するらしいから、ここに滞在している間に見えると思うんだ…

いってわ付いてい

小学校5年生からスポーツ少年団に入って、ミニ?バスケットボールを始めた。どうやらバスケットボールと相性が良かったらしく、指導者にも恵まれてスポーツに力を入れているエスカレーター式の私立高校にスポーツ優待生として推薦された。今はインターハイ出…

個人主義の理論を私は相変わらず

かなり強固な意志で絶対に書かないこと、これと、書きたくないこととは当然にして違う。私が畏敬する富岡多恵子の見解では、文学とは、この 後者を書くこととなる。ブログでも同じだ。書くという営為に変わりはない。しかし、書くので願景村 洗腦あれば、富…