読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んとを何度も


白い肌は透けるように白くなり、網目をかけたように青紫の血管が身体中をいたわしく覆う。
げっそりと身が削げ落ち、眼窩は窪んで尚更目元を大きく見せていた。
誰の目にも死期が近いのは明らかだった。
直正は死病といわれる病に罹った一衛の住む隣に部屋をもらい、帰宅してからは甲斐甲斐しく世話を焼いた。体を拭き食事に気を配り、洗濯すらもこなした。
一衛のために襖を少し開けて、顔を見ながらできる限り話をした。

「薩摩は遠いし寂しいだろうが、勇猛な佐川さまもご一緒だから、すぐに片を付けて帰って来れると思う。待てるな?」
「あい……。でも、先に行かれた方たちは、どうなったのですか……?確か、前に600人もの方々が行かれたはず……」
「それがおかしな話なんだ。福岡での乱を制圧するために、陸軍士官の大隊が九州入りしたのだが、薩摩士族相手にかなわなかったらしい。わたしたちは、後方支援ということだったのだが、皆侍上がりで腕に覚えのあるものばかりだろう?それで、声がかかったというわけだ。」
「これまで数を頼みにして来たのに、此度はうまくいかなかったのですか?」
「戦場の経験の差ではないか?籠城の時も、これまで新政府は白兵戦というものをやってこなかっただろう?遠くからのドンパチは得意だが、いざ接近戦となると二倍の兵力をもってしても役に立たなかったというわけだ。小銃の性能が良くなかったのも原因らしい。一発撃つと、銃身が熱くなって冷めるのに時間がかかる。」
「ゲベール銃のようですね。でも、そんなこと……今頃わかったのですか……?戊辰の戦の繰り返しじゃありませんか。薩長が幕府を倒した後に、武士など無用だと言って散々に会津を苛めたんじゃありませんか。」
「そうだよ。それが警視隊には元士族が多く採用されているし、とうとう大警視が佐川さまに兵を率いて薩摩に行ってくれと頭を下げたそうだ。向こうでは、薩摩士族が山野に入り、背水の陣を構えて待っているから、政府軍は苦戦している。しかし一対一の斬り合いなら、鍛錬を重ねた会津武士は決して負けることはない。会津を後にして、早8年余りの年月が流れたが、やっと活躍の場を得た気がする。」
「……わたしも直さまと、ご一緒したかったなぁ……憎い薩摩兵をこの手で討ちたかった。でも、もう身体がききません……。」

一衛はすっかり細くなった指を広げた。ふっと微笑んで、直正は顔を近づけてやった。
一衛は病がうつるから近寄ってはいけませ嫌がるが、いまさら失うものはない。
じっと一衛が直正を見つめる。

「直さまが見つけた死に場所は、薩摩ですか?」
「一衛……」

一衛にはわかっていた。
帝都までこうして流れてきたが、いつも直正の胸には会津の汚名を晴らしたいと言う思いがあった。それは今や、散り散りになったすべての会津藩士の切なる願いだったかもしれない。

「やっと一矢報いるときが来たのですね……逆賊ではなく官軍として。」
「一衛には御見通しだったな。落城の折、一衛に死ぬなと言っておきながら、やはりわたしは死に場所を求めていたようだ。鳥羽伏見の戦夢見て、飛び起きたよ。あれほどの剣戟の腕を持ちながら、足軽の持つ連発銃に倒れた叔父上や、自慢の朱槍を交えずして敗れた林さまの無念を思うと……何をしていても、ずっと気持ちが晴れなかった。

だか酷くだけ


「ああ。眠るときはいいけど、プレミアムセットは余りに悩殺的すぎるだろう?外へも連れて行ってあげたいから、ちゃんとしたものを着よう。似合うと思うよ。」

「ご主人さま。ありがとうございます。「あっくん」はうれしいです。」

ガガガガ……!

ものすごい振動音を立てながら、脱衣場に置いてあった洗濯機が頭を振って歩いて来る……。
今朝癌症指數とは違う、ありえない光景に再び音羽は目を剥いた。

「ぅ、うわあーーーーっっ!何じゃ、こりゃあーーーっ!」水浸しの原因が、発覚した。
泡をまき散らしながら、洗濯機が激しく振動し、ありえない音を立てていた。
グワングワンという音と、大量の泡に慌てて音羽はコンセントを抜く。

「あっくん!これは……一体、どうしたの?」

あっくんは、結露を拭き顔をあげた。うるうると瞳が濡れている。

「ご主人さま。ごめんなさい。あっくんは、洗いものをしようと思いました。」

「うん。全自動だよ?洗濯物を放り込んでスイッチ入れるだけだね。」

失敗するはずもない。

「わたしは、お手伝いロボットですから家事は全般こなせるはずなのに、どうしてうまくいかないのでしょう?ご主人さまの衣類と、シーツと、汚れてしまったキッチン用品をすべて入れて洗剤を投入し、スイッチを入れたらこんなことになってしまいました。」

「キッチン用品?」

「はい。魚を焼いたレンジグリルを、外して洗おうと思ったのです。」

「洗濯機に入れたのか……。」

泡にまみれた洗濯機を眺め、笑うしかなかった。
あっくんの機能は、どうやらモニターを必要とするだけあって、まだ未完成な点が多1064 激光いのだろう。あっくんの知能(陽電子頭脳)は、洗い物は全て同じカテゴリーに位置したらしい。
物を洗うのに洗剤が必要なのは理解できても、素材ごとに洗い方が違うのが分かっていないのだろうか。
しかも洗濯機のふたが何度も開いて、中身が飛び出すのであっくんは、新聞や雑誌を縛るビニールひもを見つけて懸命に洗濯機を縛っていた。
それはもう、驚くほど見事な亀甲縛りに……。

「こっちの機能は、充実してそうだな。」

足元に転がる洗濯洗剤の空容器が、大量の泡の原因を物語っていた。音羽は、兄に電話を掛けた。

「もしもし……。あ、兄貴?ちょっと、いいかな。お手伝いロボットなのに何もできないって、あっくん……AUが落ち込んでるんど、対処方法とかあるなら、教えてやってくれないかな。いや、別に問題点があるわけじゃないんで、研究室には電話しなかったんだけど……。」

「ああ……。それは、仕方がないな、音羽。一つずつ気長に教えてやってくれ。」

「教えるのは構わないんだけど、何しょげちゃって……、結露だって本人は言うんだけど、どう見ても涙にしか見えなくて、どうにも止まらなくて可哀想なんだよ。」

「何か、目に見える異常でもあるのか?」

「いや、ちょっとアンドロイドAUの機能について、知りたいと思っただけだ。」

「それは……。え~と……。アンドロイドAUに搭載しているディスクが、どうやら新妻モードだ組合屋ったようだな。オプションの中身はなんだった?」

「スケスケネグリと、ありえないデザインのぱんつだ。」

「ああ……。それでわかった。そのアンドロイドのディスクは、幼な妻モードだな。一部のマニア向けというか……。いっそ、返品するか?」

のビラビ衆見習い


間夫(恋人)の写真を見つめる雪華の頬を、はらはらと零れてゆくものがあった。これまで、間夫の代わりにささめを守る為、隠してきた秘密の重い枷がやっと取れた、安堵の涙だったかもしれない。
いつか、出征の時に記念にと、料亭の一室で写真師に撮らせた……雪華と光尋が共に並んだ写真だった。雪華花魁も、同じものを肌身Unique Beauty 好唔好離さず大切に持っていた。

「ああ……御懐かしい……光尋様。凛々しくてお勇ましくてお優しい、わっちのただ一人の真の間夫でありんした。お傍に居ることも叶わぬ卑しき身の上なれど、わっちには生涯ただ一度、本気の恋でありんした。勿体無い……光尋様はわっちの事を、こんなにも思っていて下すったのだね。」

「あい。光尋お兄さまは、お見舞に行った時にもわたしの大切な雪華……と何度もおっしゃいました。……三途の渡しでも、同じように。」

「そうかい……うれしいねぇ。菩提はわっちがきちんと弔って、月命日には御膳を供えている。三年の法要も済ませたよ。ただね……ささめ。可哀そうだが墓参りは現に帰ってのことだよ。御位牌はわっちの部屋にお祀りしてあるから、後でおいでなんし。」

「あい。わかっておりんす。ささめは借金のある身ですから、年季が明けるまで大江戸かyou beauty 陷阱らは出られません。お世話になった花菱楼のお父さんや雪華兄さんのお顔に泥を塗らないように、今日よりきちんと励んで参りんす。」

目許を華やかに染めた細雪は、今日からは花菱楼の二枚看板となる。
衣擦れの音をさせて、しずしずと登楼してくる澄川を待つために部屋へ急ぐ細雪は、凛とした横顔を見せていた。
見送る雪華が思わず口にした。
共に禿だった六花は、本来なら現に帰れるが、今は男となり様々な雑用をこなしている。どうしてもささめの傍にいたいと言い張って、見習いが終わっても基尋の年季が明けるまで本名の浅黄として花菱楼で働いていた。

細雪花魁。澄川さまがお越しになりました。」

「あい。ありがとうございんす。お待ち申しておりんした。」

細雪はやっと伸びてきた前髪を上げ銀ラを差した、初々しい姿だった。自分で鏡を覗いて、公家の姫君だった母や姉に似ていると思う。

「待たせたかい?」

掛けてきた澄川の声に、細雪はふっと綻んだ。

「あい。下で誰かの声がするたびに、澄川さまではないだろうかと思いんして、鶴減脂のように首を長くして、お待ち申しておりんした。胸がとくとくと弾んでおりんす。」

「可愛いねぇ、細雪。まるで吉徳大光の雛人形のようだよ。さなぎの羽化を見るようだね。」

雪華花魁の酒席に侍って、丸い花簪(はなかんざし)を桃割れの髪に挿した禿が、見違えるような姿になったのを澄川は喜んだ。

両親な話に学


「でなければ、きっと首でも括るしかなかっただろうね。ただ一人の子供を手放すんだから、それだけ追いつめられていたんだって思うよ。」

涼介の母に結婚を申し込む前、求は自分のことを知ってほしいと、赤裸々に色々なことを語收細毛孔っていた。中には胸の痛くなるような話も含まれていた。

自分を養子にしたのと引き換えに、両親がかなりのまとまった金額を手に入れたこと。
小さな工場を再建することはできなかったが、たぶん債権者には返済できたはずだと、求は話をした。
養子と言っても中学、高校の間、本家に一緒に住むだけだと、叔父夫婦は五年生の求を誘った。勉強を頑張れば、大学へも進ませてやる、そん校の先生になりたかった求の心は動いた。
両親はいつも仕事が忙しく、求は家に居ても一人だった。

いつでも帰りたいときに、自由に実家にも帰っていい。養子何て紙切れ一枚だけの話なん卓悅假貨だからね……そんな甘言を養父は笑顔で口にした。
粗暴で手の付けられない息子が求を欲しがったことは、秘密にされていた

「僕は子供で何もわかっちゃいなかった。だからね、それでが助かるのならいいかなって思ったんだ。」

妻になる人は黙って話を聞いた。
裕福な家庭に育ち、何の苦労もしていないように見えた青年は、養子先となった鬼の棲家で地獄のような日々を送っていた。
「……そんな大事な話を、初めて会ったばかりのおれに話してもいいんですか?」

静かに聞いて居た月虹が、話の腰を折った。

月虹に電話をもらった母は、涼介と会う前に二人きりで話をしたいと言い、駅近くで会うこと公開大學 課程になった。涼介にも話せない夫の話を、涼介を託す人に会ってみてから、話すかどうか決めるつもりだった。

翔月ような軽


「別に平気だよ。僕は天涯孤独で、失うものなどないからね。別に教職を失っても構いやしないよ。何だったら声を出してもいい。こっちの様子を伺っているあの女子に助けを呼ぶかい?それともマウンドにいる荏田君なら、君が呼べば、あっという間に駆け付けるだろうね。下半身剥願景村 退款き出しで、僕に悪戯されている姿を学校中に知ってもらうかい?荏田君にも、見せてあげたいね……ほら、可愛い顔をしていても、君はれっきとした男の子だよ。知ってる……?このべたべたした先走り、我慢汁って言うんだよ、ロマンチックじゃないね……」

「あぁっ……」

柏木に扱かれて、翔月は窓枠を握り締めたまま、生理的に吐精した。拒みたくとも、がくがくと無意識に腰が振れるのが、悲しかった。
霞んだ目に、振りかぶった青児が見えた。

「青ちゃぁん……」
告げられない思いがふと零れた、まるで羽が舞い降りたい口づけだったが、それは翔月にとって後ろめたいものだった。
何も知らない青児に、こっそりキスをしてしまったと思うだけで、まだ青い翔月の心臓が探索四十 呃人後ろめたさに跳ねた。しばらく寝顔に見入っていたは、気持ちを振り払うように声を掛けた。


元々大人しい性格だったし、青児も部活や生徒会の雑用で忙しかった。帰り道、待っている翔月と話をしようと思っても、いつもどうでもいい話にするりと逃げてしまう。
慌ただしく着替えを済ませると、青児は翔月の元へと走った。
青ざめた翔月が心配だった。

視線を感じ、振り返るとロッカー前に翔月がいた。

「翔月、ここにいたのか。待った?」

「ううん、今来たとこ……もう、部活は終わったの?」

「ああ。俺、めっちゃ腹減ったから、付き合えよ。帰りに何か食って探索四十 呃人帰ろう?翔月、あのさ……」
「翔月さ……、何かあったのか?」

「……どうして……?」

立てと思っ



気付けば、あの事故から三年の月日が過ぎていた。
週三日のリハビリは少しずつ効果を上げ、朔良は流れる足を引きずりながら探索四十學習研修ではあったが、杖の助けを借りて何とか自力で歩行していた。
彩が傍に居る事で落ち着きを得て、朔良の親も喜んでいた。

しかし、以前のように普通に歩けるようになるには、痛めた足にもう少し体重をかけて歩く訓練をしなければならない。痛みに弱い朔良に、それはかなり困難だった。
一度変な歩行癖がついてしまった朔良には、矯正に時間がかかるだろうと医師が告げた。

「これからも根気よく時間をかけて、練習するしかないね。朔良君、時間があるなら、プールでの歩行練習をやってみないか?身体への負担が軽減されるから、歩きやすいと思うんだ。抵抗がないから杖を使う必要がないからね。近くにトレーナーの居る温水施設があるから紹介状を書くよ。」

朔良はちらりと彩の顔を見た。
彩は数日前に耳にした会話を引きずっている。
元々、朔良の足が少し良くなれば大探索四十學習研修学に行きたいていたのが、話をきっかけにして強くなっていた。

「先生。時間をかけてとおっしゃいますけど、どのくらいの期間が必要ですか?」

「……というと?」

「出来れば期限を切ってもらえば、俺も予定がやすいので助かるんです。」

「おにいちゃん……?それって……」

朔良は、彩が自分の手を離そうと考えているとは思ってもみなかった。
だが彩は、あっさりと本心を口にした。

「そろそろリハビリにも目途がついたかなと思ってさ。朔良にも以前に話したと思うんだけど、俺は教師になりたいんだ。」

「……うん。聞いたことある……夢だよね。」

「元々、一年間は朔良のリハビリに付き合うつもりで、傍に居る事を考えていたんだ。怪我が酷かったんで結局三年もかかってしまったけど、できれば俺はこれからでも大学に行きたいと思っている。少しはお金も貯まったし、独学でずっと勉強だけは願景村有限公司続けて来てたんだ。」

しなめには


『琉生……いい子だね。お休み……また、明日ね。』
隼人のただならぬ様子に、驚いて部屋から出てきた寺川は、直ぐに救急車を呼んだ。
意識を失くしたままストレッチャーに乗せられた蒼白の顔に、さすがに隼人は責任を感じ顔をこわばらせていた。
尊にしがみついて泣く琉生の背中に、小さな声で「ごめん。」とつぶやいたが、琉生にbicelle 好用は聞こえない。

冷静になってみれば、琉生は何も悪くない。
兄の言う通りだった。
勝手に讒言を鵜呑みにして、一人で勝手に傷ついた。
そしてすべての鬱憤を、小さな琉生と優しい義母になすりつけた。

立ちつくした隼人に背を向け、琉生は声を殺して泣いていた。尊の腕の中にすっぽりと収まった琉生はまだ小さく、隼人は自分の愚かさが情けなかった。
琉生と声を掛けても、母を呼んで尊の胸で泣く琉生の背中は、隼人を拒絶していた。

病院に運ばれた琉生の母の病気は、奇しくも琉生の亡くなった父と同じ病だった。
大学病院に移り、数日間の検査入院を終えた母の強い希望で、退院を許されたがそれは決して病が癒えたわけではない。
寺川と尊は別室に呼ばれ、残された母の命は琉生が小学校を卒業するまでは持たないだろうと、医師から死bicelle 好用の宣告を受けた。

「そんな……!」

寺川は絶句したきり、蒼白になった。

「何らかの自覚症状はあったはずです。おそらく倦怠感や、食欲不振、吐き気は慢性的に続いていたはずです。何故、こうなるまで受診かったんです?ご主人やご家族は誰もお気づきにならなかったんですか?」

医師は寺川に問うた。

「わたしは仕事が忙しくて、家の事は妻に全て押し付けていました、わたし達は再婚なので、妻は気を使って自分の体の調子が悪いと言えなかったんだと思います。家事なども毎日変わりなくこなしていました。……気が付きませんでした。」
「相当、無理をされていたと思いますよ。正直言うと、私は奥さんは退院すべきではないと思いますね。開腹して患部の様子を見なければ、はっきりとは言えませんが、猶予はないと思います。一刻も早く患部摘出の手術をすべきです。」
「治療すれば、治りますか?」
「完治の見込みは少ないと思います。ただ、少しでも長く生きるた入院して加療すべきです。まだお卸妝水子さんも小さいようですし。」
「出来るだけ早く、妻と相談してお返事させていただきます。」

決して楽観的な状態ではないと知り、話を聞いていた寺川と尊は青ざめて顔を見合わせた。