読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のビラビ衆見習い


間夫(恋人)の写真を見つめる雪華の頬を、はらはらと零れてゆくものがあった。これまで、間夫の代わりにささめを守る為、隠してきた秘密の重い枷がやっと取れた、安堵の涙だったかもしれない。
いつか、出征の時に記念にと、料亭の一室で写真師に撮らせた……雪華と光尋が共に並んだ写真だった。雪華花魁も、同じものを肌身離さず大切に持っていた。

「ああ……御懐かしい……光尋様。凛々しくてお勇ましくてお優しい、わっちのただ一人の真の間夫でありんした。お傍に居ることも叶わぬ卑しき身の上なれど、わっちには生涯ただ一度、本気の恋でありんした。勿体無い……光尋様はわっちの事を、こんなにも思っていて下すったのだね。」

「あい。光尋お兄さまは、お見舞に行った時にもわたしの大切な雪華……と何度もおっしゃいました。……三途の渡しでも、同じように。」

「そうかい……うれしいねぇ。菩提はわっちがきちんと弔って、月命日には御膳を供えている。三年の法要も済ませたよ。ただね……ささめ。可哀そうだが墓参りは現に帰ってのことだよ。御位牌はわっちの部屋にお祀りしてあるから、後でおいでなんし。」

「あい。わかっておりんす。ささめは借金のある身ですから、年季が明けるまで大江戸からは出られません。お世話になった花菱楼のお父さんや雪華兄さんのお顔に泥を塗らないように、今日よりきちんと励んで参りんす。」

目許を華やかに染めた細雪は、今日からは花菱楼の二枚看板となる。
衣擦れの音をさせて、しずしずと登楼してくる澄川を待つために部屋へ急ぐ細雪は、凛とした横顔を見せていた。
見送る雪華が思わず口にした。
共に禿だった六花は、本来なら現に帰れるが、今は男となり様々な雑用をこなしている。どうしてもささめの傍にいたいと言い張って、見習いが終わっても基尋の年季が明けるまで本名の浅黄として花菱楼で働いていた。

細雪花魁。澄川さまがお越しになりました。」

「あい。ありがとうございんす。お待ち申しておりんした。」

細雪はやっと伸びてきた前髪を上げ銀ラを差した、初々しい姿だった。自分で鏡を覗いて、公家の姫君だった母や姉に似ていると思う。

「待たせたかい?」

掛けてきた澄川の声に、細雪はふっと綻んだ。

「あい。下で誰かの声がするたびに、澄川さまではないだろうかと思いんして、鶴のように首を長くして、お待ち申しておりんした。胸がとくとくと弾んでおりんす。」

「可愛いねぇ、細雪。まるで吉徳大光の雛人形のようだよ。さなぎの羽化を見るようだね。」

雪華花魁の酒席に侍って、丸い花簪(はなかんざし)を桃割れの髪に挿した禿が、見違えるような姿になったのを澄川は喜んだ。

両親な話に学


「でなければ、きっと首でも括るしかなかっただろうね。ただ一人の子供を手放すんだから、それだけ追いつめられていたんだって思うよ。」

涼介の母に結婚を申し込む前、求は自分のことを知ってほしいと、赤裸々に色々なことを語收細毛孔っていた。中には胸の痛くなるような話も含まれていた。

自分を養子にしたのと引き換えに、両親がかなりのまとまった金額を手に入れたこと。
小さな工場を再建することはできなかったが、たぶん債権者には返済できたはずだと、求は話をした。
養子と言っても中学、高校の間、本家に一緒に住むだけだと、叔父夫婦は五年生の求を誘った。勉強を頑張れば、大学へも進ませてやる、そん校の先生になりたかった求の心は動いた。
両親はいつも仕事が忙しく、求は家に居ても一人だった。

いつでも帰りたいときに、自由に実家にも帰っていい。養子何て紙切れ一枚だけの話なん卓悅假貨だからね……そんな甘言を養父は笑顔で口にした。
粗暴で手の付けられない息子が求を欲しがったことは、秘密にされていた

「僕は子供で何もわかっちゃいなかった。だからね、それでが助かるのならいいかなって思ったんだ。」

妻になる人は黙って話を聞いた。
裕福な家庭に育ち、何の苦労もしていないように見えた青年は、養子先となった鬼の棲家で地獄のような日々を送っていた。
「……そんな大事な話を、初めて会ったばかりのおれに話してもいいんですか?」

静かに聞いて居た月虹が、話の腰を折った。

月虹に電話をもらった母は、涼介と会う前に二人きりで話をしたいと言い、駅近くで会うこと公開大學 課程になった。涼介にも話せない夫の話を、涼介を託す人に会ってみてから、話すかどうか決めるつもりだった。

翔月ような軽


「別に平気だよ。僕は天涯孤独で、失うものなどないからね。別に教職を失っても構いやしないよ。何だったら声を出してもいい。こっちの様子を伺っているあの女子に助けを呼ぶかい?それともマウンドにいる荏田君なら、君が呼べば、あっという間に駆け付けるだろうね。下半身剥願景村 退款き出しで、僕に悪戯されている姿を学校中に知ってもらうかい?荏田君にも、見せてあげたいね……ほら、可愛い顔をしていても、君はれっきとした男の子だよ。知ってる……?このべたべたした先走り、我慢汁って言うんだよ、ロマンチックじゃないね……」

「あぁっ……」

柏木に扱かれて、翔月は窓枠を握り締めたまま、生理的に吐精した。拒みたくとも、がくがくと無意識に腰が振れるのが、悲しかった。
霞んだ目に、振りかぶった青児が見えた。

「青ちゃぁん……」
告げられない思いがふと零れた、まるで羽が舞い降りたい口づけだったが、それは翔月にとって後ろめたいものだった。
何も知らない青児に、こっそりキスをしてしまったと思うだけで、まだ青い翔月の心臓が探索四十 呃人後ろめたさに跳ねた。しばらく寝顔に見入っていたは、気持ちを振り払うように声を掛けた。


元々大人しい性格だったし、青児も部活や生徒会の雑用で忙しかった。帰り道、待っている翔月と話をしようと思っても、いつもどうでもいい話にするりと逃げてしまう。
慌ただしく着替えを済ませると、青児は翔月の元へと走った。
青ざめた翔月が心配だった。

視線を感じ、振り返るとロッカー前に翔月がいた。

「翔月、ここにいたのか。待った?」

「ううん、今来たとこ……もう、部活は終わったの?」

「ああ。俺、めっちゃ腹減ったから、付き合えよ。帰りに何か食って探索四十 呃人帰ろう?翔月、あのさ……」
「翔月さ……、何かあったのか?」

「……どうして……?」

立てと思っ



気付けば、あの事故から三年の月日が過ぎていた。
週三日のリハビリは少しずつ効果を上げ、朔良は流れる足を引きずりながら探索四十學習研修ではあったが、杖の助けを借りて何とか自力で歩行していた。
彩が傍に居る事で落ち着きを得て、朔良の親も喜んでいた。

しかし、以前のように普通に歩けるようになるには、痛めた足にもう少し体重をかけて歩く訓練をしなければならない。痛みに弱い朔良に、それはかなり困難だった。
一度変な歩行癖がついてしまった朔良には、矯正に時間がかかるだろうと医師が告げた。

「これからも根気よく時間をかけて、練習するしかないね。朔良君、時間があるなら、プールでの歩行練習をやってみないか?身体への負担が軽減されるから、歩きやすいと思うんだ。抵抗がないから杖を使う必要がないからね。近くにトレーナーの居る温水施設があるから紹介状を書くよ。」

朔良はちらりと彩の顔を見た。
彩は数日前に耳にした会話を引きずっている。
元々、朔良の足が少し良くなれば大探索四十學習研修学に行きたいていたのが、話をきっかけにして強くなっていた。

「先生。時間をかけてとおっしゃいますけど、どのくらいの期間が必要ですか?」

「……というと?」

「出来れば期限を切ってもらえば、俺も予定がやすいので助かるんです。」

「おにいちゃん……?それって……」

朔良は、彩が自分の手を離そうと考えているとは思ってもみなかった。
だが彩は、あっさりと本心を口にした。

「そろそろリハビリにも目途がついたかなと思ってさ。朔良にも以前に話したと思うんだけど、俺は教師になりたいんだ。」

「……うん。聞いたことある……夢だよね。」

「元々、一年間は朔良のリハビリに付き合うつもりで、傍に居る事を考えていたんだ。怪我が酷かったんで結局三年もかかってしまったけど、できれば俺はこれからでも大学に行きたいと思っている。少しはお金も貯まったし、独学でずっと勉強だけは願景村有限公司続けて来てたんだ。」

しなめには


『琉生……いい子だね。お休み……また、明日ね。』
隼人のただならぬ様子に、驚いて部屋から出てきた寺川は、直ぐに救急車を呼んだ。
意識を失くしたままストレッチャーに乗せられた蒼白の顔に、さすがに隼人は責任を感じ顔をこわばらせていた。
尊にしがみついて泣く琉生の背中に、小さな声で「ごめん。」とつぶやいたが、琉生にbicelle 好用は聞こえない。

冷静になってみれば、琉生は何も悪くない。
兄の言う通りだった。
勝手に讒言を鵜呑みにして、一人で勝手に傷ついた。
そしてすべての鬱憤を、小さな琉生と優しい義母になすりつけた。

立ちつくした隼人に背を向け、琉生は声を殺して泣いていた。尊の腕の中にすっぽりと収まった琉生はまだ小さく、隼人は自分の愚かさが情けなかった。
琉生と声を掛けても、母を呼んで尊の胸で泣く琉生の背中は、隼人を拒絶していた。

病院に運ばれた琉生の母の病気は、奇しくも琉生の亡くなった父と同じ病だった。
大学病院に移り、数日間の検査入院を終えた母の強い希望で、退院を許されたがそれは決して病が癒えたわけではない。
寺川と尊は別室に呼ばれ、残された母の命は琉生が小学校を卒業するまでは持たないだろうと、医師から死bicelle 好用の宣告を受けた。

「そんな……!」

寺川は絶句したきり、蒼白になった。

「何らかの自覚症状はあったはずです。おそらく倦怠感や、食欲不振、吐き気は慢性的に続いていたはずです。何故、こうなるまで受診かったんです?ご主人やご家族は誰もお気づきにならなかったんですか?」

医師は寺川に問うた。

「わたしは仕事が忙しくて、家の事は妻に全て押し付けていました、わたし達は再婚なので、妻は気を使って自分の体の調子が悪いと言えなかったんだと思います。家事なども毎日変わりなくこなしていました。……気が付きませんでした。」
「相当、無理をされていたと思いますよ。正直言うと、私は奥さんは退院すべきではないと思いますね。開腹して患部の様子を見なければ、はっきりとは言えませんが、猶予はないと思います。一刻も早く患部摘出の手術をすべきです。」
「治療すれば、治りますか?」
「完治の見込みは少ないと思います。ただ、少しでも長く生きるた入院して加療すべきです。まだお卸妝水子さんも小さいようですし。」
「出来るだけ早く、妻と相談してお返事させていただきます。」

決して楽観的な状態ではないと知り、話を聞いていた寺川と尊は青ざめて顔を見合わせた。

の頬と同じぎもす


「ペンギンの映画では見たことあるけど、本物は初めて。いつか、カナダでマルセルが見せたいと言ったことが有るけど、その頃はお兄ちゃんが大変な頃で叶わなかったの。」

「そうか。今年は頻繁に出現するらしいから、ここに滞在している間に見えると思うんだ。ロマンチスト牛熊證收回價だと言ってあっくんは笑うかもしれないけど、俺はね大切な人とオーロラを見たいとずっと思ってた。現実的な奴は、ただの発光現象だと言うかもしれないけど、頭上で揺れる光の帯は本当に綺麗なんだよ。どういうのかな、地球に祝福されている気がするんだ。」

「なんて素敵。音羽……。どうしよう。あっくん、今すぐここでパンツ脱ぎたくなってきた~。」

暖炉の前で膝の間にあっくんを抱えた音羽は、それは駄目だと諭した。ここは、オーロラを待つ人の小屋だから他のコテージの客が来ないとは限らない。

「コテージに帰る?帰り道は星が降って来るよ。」

深い雪の中、10分ほどの道のりを小さなライトだけを頼りに、音羽はあっくんの手を曳いた。

「本当に星屑の中を歩いているみたい。」

「そうだろう。ほら、空が少し緑色に輝いてきた。……オーロラだ、あっくん。」

Tシャツで過ごせるほど暖房の利いた小さなコテージの中で、あっくんは毛皮の外套を取った。
見覚えの面部護理あるシースルーのピンクのオーガンジーに肌が透ける。

「アンドロイドAUの着ていたスケスケネグリだ。あはは……あっくん。全開ぱんつまで穿いてきたのか。そうか、俺の前でだけしかこれは着けちゃ駄目だって言ったものなぁ。」

「うん。今夜は音羽を悩殺するの。」

「いつだって、俺はあっくんに夢中だよ。うなっぽんも関係ない。あっくんにだけ、感じるんだ。」

「うれしい、音羽。」

あっくんの好きな、ありえないぱんつは音羽の前だけで穿くことを許されている。恥ずかしげに揺れる薄紅色に染まったあっくん色の分身に、音羽はそっと手を伸ばすと緩く優しく上下にこすり上げた。

「あっ……ん。」

「あっくん。ほら……見て。素晴らしいオーロラが出現した。」

「本当……あのね、音羽。オーロラって蛍光灯みたいなものなんだよ。プラズマシート中のプラズマ粒子が大気の粒子とぶつかって発光するの……。」

「おお、物知りだな。あっくん。」

大学でロボット工学を専攻していたあっくんは、手術代を稼ぐためにモデルに転脫髮中藥身した為、時々妙に物知りだった。大きな目を見開いてうっとりと光の揺れるのを眺めているあっくんを、音羽はそっと背後から抱きしめた。

いってわ付いてい


小学校5年生からスポーツ少年団に入って、ミニ?バスケットボールを始めた。どうやらバスケットボールと相性が良かったらしく、指導者にも恵まれてスポーツに力を入れているエスカレーター式の私立高校にスポーツ優待生として推薦された。今はインターハイ出場を目指して頑張っているところだ。

「あら、さあちゃん。また背迪士尼美語 價格が伸びたんじゃないの?」

母は、何度目かの同じ台詞を口にした。
寝ていると夜中に骨がきしむ気がするほど成長期に身長が伸びて、中学校を卒業するころには禎克の身長は180センチに近かった。ちびの頃を知っている者は、大抵会うたびに目を瞠る。それほど伸びていた。

「そうかな。あ~、関節痛い……。」

背伸びをするその声も、すでに変声して低くなっている。
小さなころは女の子のようだった禎克も、今は異性から熱い視線を投げかけられる、涼やかな面差しの少年になっていた。激しい運動のたまもので、厚みの無い華奢な体躯には、程よく筋肉も乗っている。本人はまるで気ないが、禎克は今も人目を引く少年だった。
姉の湊も相変わらずだ。

「さあちゃん。あんた、この前渡した手紙の返事は?」

「湊。ああい迪士尼美語 價格うの迷惑だから、次からは適当に断っておいて。」

「はぁ!?それが返事?」

「だって、誰かに返事書いて、誰かには書かなけにはいかないだろう?いちいち返事なんてしていられないよ。」

「うまい言い訳ね~。」

話し方は、ずっと変わらない姉の湊くんも、今は見かけだけは母譲りの美貌ですっかり女性らしく見える。口さえ開かなければ、かなりの美人なのだが、演劇など始めたせいか、とにかく派手で目立つ。いつかは舞台女優になる夢を持っていた。
女子高では黄色い声が飛び交い、憧憬を込めて下級生からは「湊おねえさま」と呼ばれていた。本人もそういうのはまんざらではないらしい。

「女の子には無理してでも少しは優しくしなさいって、いつも言ってるでしょう?せっ迪士尼美語 價格かく、一生懸命書いてくれたのに。見た目だけは良いのにあんたって、中身は相変わらずへたれのままね。」